FC2ブログ
 
サークガレージ

GARAGING STYLE CIRC

建築施工・造園・ガレージデザイン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

取り壊し からの~ 造園  最終完成☆

完成☆
昨年から、建築と共に進めてきました造園作業が、完成いたしました。
image_1360712314[1]

四国の石 奈良の石 諏訪の石 滋賀の石  石材をメインに今回、石庭に仕上げました。

舟形の水鉢は、もちろん 前・後 があるのですが、そこは、この庭に適した形で据え付けをいたしました。

1360712573[1]
image_1360712672[1]
image_1360712771[1]
1360712617[1]
1360712481[1]
image_1360712415[1]

内装が、左官漆喰の塗り壁で仕上げられたお部屋やから見ると、

凄くいい感じに仕上がり、お客様にも大変喜んでいただけました☆ (^O^)V

ただ・・・私の写真撮りが、うまくないので、そこが残念です・・・泣

これからも、ご要望・状況 に合わせた、すばらしものを提供していける様に努力してまいります。











スポンサーサイト

取り壊し  からの~  造園  ⑤  板塀

進み具合の報告・・☆
DSCF4709.jpg        ↑
ごらんの通り、景石組みも水鉢の設置も出来上がり、巾木の鉄平石貼りも仕上がりました。

今回、背景の仕上げは、坪庭らしく、焼杉板を使用します。 
DSCF4797.jpg
まず、柱を固定する為の、アングルを設置します!!
このアングルは、ステンレスのフラットバーで、特注品を使用!
ステンレスを使用する理由としては、焼板や、柱が、経年変化で取替えが必要になった時でも、
このステンレスのアングルなら健在です☆
SN3V0004.jpg
まず、ステンレスのアングルに、柱を固定します。 
柱・胴縁は、杉材を使用! 杉材は、雨濡れ、乾燥に強く、腐りにくい材料です。
こだわりの材料使用し作業を行います☆
DSCF4780.jpg
柱を立て、胴縁を取り付け、笠木を乗せ、焼板を貼ります!
DSCF4785.jpg
DSCF4787.jpg
DSCF4791.jpg
DSCF4792.jpg
DSCF4793.jpg
DSCF4796.jpg
一枚一枚、丁寧に真鍮釘で留め、笠木に板金の水切りを取り付け焼杉板塀は完成です☆




取り壊し  からの~  造園  ④

吟味した石材を、現場に搬入しました☆

まだこれだと、ただ石があるぅ~・・・ 状態ですね・・・
        ↓↓  
DSCF4703.jpg

今回、奥庭なのでクレーンは使えず、三股&チェーンブロックで作業します。
DSCF4704.jpg
                      ↑↑
石の位置・向き・高さなどを考え、据付けます☆
このメインになる景石『薄緑色の物』は、約700㎏ありました。  重ッ・・・泣

アッ! すでに施工したことが・・・ ブログUP抜け ・・・汗
廻りの足元 ・ 一段積みのコンクリートブロックは、外周の板塀をする為の、巾木になる部分です。

この巾木部分には、鉄平石で化粧いたします。
            ↓↓
SN3V0006.jpg
SN3V0005.jpg
SN3V0004.jpg
この鉄平石の乱貼りは、プロの職人の手にかかってます☆
大きさ・形の 絶妙な組み合わせです。

続く・・・。

取り壊し  からの~  造園  ②

庭のスペースとしては、3.8m×4.0mぐらいで、今後あまり手の掛からない様にプランしました☆

施主様から一つだけ御要望があったのは、何か水鉢をプランに入れて欲しいとのご依頼で、

それを踏まえプランしました。

今回は建物奥の庭で、建物内部を通らないと庭に出られず、手入れ管理が行き届く様に、

樹木は少なく、石庭で仕上げる事にしました。

景石と水鉢の石の庭です、この様にイメージを手書きで絵にしました。
                    ↓↓

DSCF4750.jpg
 
後は、素材集めをします。   続く・・・。
 
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。